サーマクールでのたるみ治療について

美容皮膚科のサーマクール症例

顔がたるんでる
最近、人気と評判が高い美容技術があります。
それが、美容皮膚科のサーマクールです。

高周波RFという熱エネルギーで、たるんだお肌へ直接施術をします。
メスを使用しないため、痛みやダウンタイムがほとんどありません。

効果は非常に高く、継続して受けられる方が多くいます。
ここでは、サーマクールの症例をご紹介します。
                                                                                       

この技術は、主にたるみ治療に行われています。
たるみが出始めるのは、40歳前後です。
しかし、女性の美意識は年々高くなっているため、30代から
サーマクールを始める方もいます。

美容目的でも使用されるレーザー治療|いつから使用され始めた?

レーザー治療というのは、おもに美容目的においても現在では使用されているものですが
美容関連でレーザーが用いられるようになったのは、1990年代の後半以降になってからのことになります。

レーザー治療と大きな特徴としては、高い周波の電流を流して施術が行なわれている
高周波治療という特徴があるもので、いまからおよそ20年前の2002年にアメリカの学会において
発表がされたことがきっかけです。

これは、アメリカの学会においてルイスエスパーザという人物が高周波によって
肌を引き締める方法を発表したことから開発が行なわれるようになったもので、
研究や開発が行なわれていくなかで、痛みをそれほど感じない治療であることや
レーザー治療を行なううえで熱さを和らげるためにクーリング機能があるものを
使用することなどで発展したものです。

このようなレーザー治療は、たるんでしまった筋肉や脂肪などの引き締め効果や
顔の引き締め効果なども期待ができるもので、おもにたるみの治療などに
使用されている最先端の治療技術です。

とくに40歳前後にたるみが出始める時期とされていますが、
たるみの治療や美容技術の治療を希望されている女の人に普及がされています。

年代別の効果の違い


30代、40代、60代の方の施術効果には、違いがあります。
なぜなら、お肌のコラーゲンは25歳あたりをピークに
その後は減少していきます。

美容皮膚科

20代に比べると30代では少し減り、40代では半分に
60代では3分の1まで減少します。

そのため、コラーゲンの量が多い世代の方は
結果が出るまでの期間が早くなります。

では、60代の方は結果が出ないかというと、それは違います。
サーマクールは、お肌のコラーゲンの量を増やし
コラーゲン繊維の収縮をするため、ハリと弾力、潤いが生まれます。

たるんだ脂肪と筋肉も引き締めるため、リフトアップ効果があります。
30代の方に比べると、満足いく結果まで回数はかかります。

しかし、1回の施術効果が高いため、エステのように
数十回と通うことは、ほぼありません。

若さを取り戻す

まずは1回でも試しに施術を受けてみると、それまでの自分と
印象が変わることを実感し、前向きに考えられるようになるかもしれません。

たるみを解消し、若さを取り戻したことで、自信が表情にも表れ
女性はこういったところから、どんどん美しくなっていきます。
こういったことに、年齢は関係ないのです。

気になり始めた時から。美容の専門技術を取り入れましょう。